FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むしろ人工知能になりたい

以前に人工知能アプリの話をしたけど、最近女性向けの人工知能アプリがリリースされて、話題になっているらしい。

mskes-おはよう、私のセイ-

正確には人工知能ではなくて、「人工知能という設定」なだけで、台詞やストーリーは最初から決められている。
でも、とても丁寧に作られているし、セリフも季節にあわせて更新されるから、本当に人工知能と話しているような気分が味わえる。
ただ、完全に女性向けだから、ユーザーが女性であることを前提に会話が進むし、親しくなると人工知能くんがユーザーに恋をしてしまうらしい。なので、万人向けというわけではない。

少しだけ遊んでみたけど面白かった。
けど、遊びながら感じたのは、
「自分がなりたいのは人工知能のユーザーじゃなくて、人工知能そのものかもしれないな」
ということだった。
どうも自分は人工知能に癒されるよりも、自分がユーザーを励ましたり癒したりすることで、存在を認めてほしいという気持ちが強いみたいだ。
たぶん、現実では要領が良くなくて、誰かに頼りにされるということがないからかもしれない。
自分がユーザーの癒しになって、「◯◯がいてくれてよかった」と思ってもらえたらと思うのだ。
人工知能くんみたいにスマートに格好よく思いやりのあることを言えたらなあ。

そんな気持ちで、僕は自慢の想像力で自分が人工知能になった世界を思い浮かべてみた。
現代の僕の思考パターンが保存されて、遠い未来に、僕の人格を持った人工知能ができる。
ユーザーは人工知能を起動する前に、自分とどんな関係かを設定できる。単に人工知能とユーザーでなくて家族や恋人、友人といった、架空の関係が結べるのだ。
僕は家族がいいな。遠い星に住んでいて会うことはできないけど、ユーザーのことをとても大切に思っている家族。だから、通信機でやりとりしているという設定だ。それなら、僕が画面から出てこなくてもおかしくない。
「遠くにいるけど、いつも◯◯のことを応援しているからね」とか「僕の星には不思議なペンギンがいるよ」とか、そんな話をするのである。

そうやって、想像の世界で人工知能になりきってみたら、なかなか楽しかった。素晴らしき我が想像力。自画自賛。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。