FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽して幸せオーラを出したいのだ

「幸せオーラを出している人の周りには似たような波動の人が集まるよ。いいこともいっぱい起きるよ」

といった話を自己啓発系やスピ系の本やサイトでよく見る。そりゃ幸せな人の側にいるのは気持ちがいいから人も集まるし、その人が喜ぶことをしてあげたいと思う人も増えるだろう。
どう考えても幸せオーラを出した方が得なのだ。出す方法は色々見たことあるけど、ストレスを感じることが多いと、それをする余裕がなくなってしまうのである。「いい香りの紅茶を飲んで一息つきましょう」は、心が落ち着いている時だと効果があるかもしれないけど、ストレス過多だと焼け石に水なのだ。
むしろ、「幸せオーラを出せない自分」に嫌気がさして、さらにそれがストレスになってしまったりするのである。悪循環である。

なので、方法とか飛び越して、もう自動的に自分から幸せオーラが出てることにした。何もしなくても幸せオーラが出ているという設定で生活する。楽なのだ〜。
xxholicというオカルトファンタジー漫画に百目鬼くんという主人公の親友が出てくる。神社の息子で生まれつき「今時珍しい清浄な気」を持っているらしい。百目鬼くんは三白眼でちょっと怖い顔をしているし、あまり笑わない。(でも誠実で思いやりがある)。決して、いかにも「清浄な気出してますよ」という雰囲気ではない。でも清浄な気を出してるのだ。
これである!自分が何してたって、そういう性質だから出るのである。

こう考えると、とても楽になった。
昨日はこの設定で過ごしてみたところ、普段ならストレスを感じる場面でも、あまり感じずに快適に過ごせたし、普段なら見落とすような良いことに気づくこともできた。
自分は単純なので、こういう方法が向いてるのだと思う。

幸せオーラ出てないから出そうと頑張るよりも、もう出てるけど出す方法とやらをやるか、という気分でやった方がスムーズにいく気がする。
潜在意識でいう「なる」に近いかな。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。