FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間の出来事まとめ(7/30〜8/5)

毎日いろんなことがあって、いろいろ考えたりするのに、数日経つともう忘れてしまっている。もったいない。
そう思う度に、日記に挑戦するのだが長続きしない。でも、これまで書いた日記を全て集めたら結構な量になるんじゃないだろうか。だから、めげずに挑戦する。

◆7月30日
カルディに行ったら、牛乳瓶みたいな容れ物にネコの絵が描かれたお酒が売っていた。ヨーグルトのお酒らしい。こんな可愛いお酒、買って帰ったら、きっとタルパが喜ぶだろうなあと思ったけど、味が想像つかなかったからやめておいた。ヨーグルトのお酒ってどんな味だろう。マッコリみたいな感じかな?
代わりにレモンクリームスープを買って帰った。

ヨーグルトのお酒

◆7月31日
火星が大接近するらしいと聞いて、ベランダに出て夜空を眺めたけど、赤い星が何個もあって、どれだかさっぱり分からない。思ったよりも星も月も綺麗に見えて楽しかった。

◆8月2日
駅舎の入口にツバメが巣を作っている。あまりに暑いから雛は大丈夫か心配していたけど、元気に育っているようだ。もう成鳥と変わらない大きさで、ぎゅうぎゅうに詰まっていて、巣から半分以上体がはみ出ている。
「あんな感じにモフシュが僕を挟んで、モフモフぎゅうぎゅうしてくれたら楽しいだろうなあ」と想像しただけで幸せな気待ちになった。今度寝るときにやってもらおう。

◆8月5日
行きたいところはあるけど、暑いのと夏休みで人が多いことを考えると、外に出る気がなくなってしまう。部屋で読書して部屋の整理をした。
スポンサーサイト

1人でいるのが好きな理由

いつも自分は間違った選択をしているんじゃないかと不安になって自信がない。自分よりも知識と思いやりがある人なら、もっとスマートに行動するんだろうな、と思う。

職場の同僚に、同期でお金を出しあってプレゼントを贈ることになり、LINEのグループトークで相談している。みんなは的確なことを言っているのに、自分1人が見当外れなことばかり言っている気がしてくる。
こういうときに、自分のことが嫌になってくるのだ。

自分1人からプレゼントを贈るなら、こういう気持ちにはならない。「とてもいい贈り物を選べたぞ!」と自信を持てる。
プレゼントに限らず、他のことでも1人なら「前にやったときより上手くいったぞ」「失敗したけど次はここを直せば上手くいく」と、前向きになれる。けれど、他人とやるってことになると、途端に「自分は上手くいったと思ってるけど、他の人はもっと上手くやるんだろうな」「きっとこんな失敗しないだろうな」と比較を始めてしまう。
他人なら当たり前にできることで喜んでいる自分が嫌になってくるのだ。

1人だと前向きに自分を認めることができる。それは以前に比べて進歩したところだと思う。
でも、自分を保っていられるのは1人でいる時だけで、他人といると、自分の姿が見えなくなってしまう。
僕の心は荒れ模様になる。
僕は荒れてない穏やかな海が好きで、他人といても、そこにいられるようになるまでは、1人でいたい。

休日

綺麗なお兄さんだったら、休日はオシャレなカフェで読書したりしてるんだろうけど、無性にナンが食べたくなったから、ネパール料理店に行ってきた。これじゃ綺麗なお兄さんでなくて、インドなお兄さんである。
ナンはめちゃくちゃ美味しかった。

帰りにスタバに寄って、トロピカルパッションマンゴーティーを飲んだ。鮮やかな色で綺麗だった。
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。