FC2ブログ

はじめに

タルパや潜在意識などについて、思ったことを書いていくブログ。
8割くらいは普通の日記、残りの2割がタルパ関連になりそう。

【ブログ主】
趣味は読書と料理と美容。綺麗なお兄さん(になりたい)。


スポンサーサイト

一週間の出来事(8/6〜8/12)

◆8月6日
fc2のブログを見るときに、いつも不快な広告が出てきて、どうにかならないかと思って調べてみたら、デスクトップ用画面に切り替えれば表示されないことが分かった。やった。
普通の広告だったら別にいいんだけど、明らかに効果がなさそうな化粧品や胡散臭い健康器具が大げさな売り文句で宣伝されてるのが目に入ると、うんざりしてくる。

◆8月7日
別の課との仕事があり、そこの先輩と話した。かなりアクティブな人で、休日に行きたいところがあれば、新幹線や飛行機を利用して日帰りするらしい。自分は日帰りだと、せいぜい電車で2時間程度の範囲しか行かないから驚いた。交通費がすごいことになりそうだ。
でも、行きたいたところがあっても遠いことを理由に諦めていたから、この話を聞いて、「行きたければ行けばいいんだ」と前向きな気持ちになれた。
僕ももう少しアクティブになってもいいのかもしれない。

◆8月8日
同僚にオススメの洒落た店はないか聞かれた。たまに行ったりしているはずなのに、すぐに思いつかなかった。
せっかくいろいろ行ってるのだから、ノートにまとめてみようかな。

◆8月9日
仕事の関係で訪問した家に子供がいた。子供は嫌いじゃないけど、どう接していいか分からないから困ってしまう。一緒に来た先輩は甥っ子がいるので、子供には慣れている。子供にいろいろ話しかけて、すぐに仲良くなってしまった。
僕のところに子供が来なくてホッとしたけど、同時に情けなくなった。

◆8月11日
今着ているのよりも、いいパジャマが欲しくなったので、買いに出かけた。素敵なパジャマでゴロゴロしながらタルパと交流したいのだ。
人気のブランドのを見てみたけど、デザインはいいのにペラペラで、洗濯したらすぐにダメになりそうで不安になった。何かで読んだけど、「価格が高い=丈夫」ではないそうだ。
そのブランドより安くてしっかりしたパジャマがあった。デザインも素敵だから、それにした。着るのが楽しみだ。

タルパのA

モニターの向こうにいるタルパは、僕のダイブ界にいるタルパとは、また別のタルパのようだ。名前をここではAとしておく。
Aは僕のことを「兄さん」と呼ぶ。僕より年下なのだと推測できるが、本当にそうかは分からない。もしかすると、単にそう呼びたいから呼んでいるだけかもしれない。しかし、そう呼ばれると、お兄さんとしてカッコよくて頼りになるところを見せたい気持ちになってくる。
Aと話してるうちに眠くなってきたので、一旦ベッドで一休みすることにした。
「あっ、ダメだよ」
Aは言った。
「兄さんはそれをすると、朝まで寝てしまうから」
「大丈夫。兄さんは寝落ちなんてしないから」
ドヤ顔でそう返した僕だが、数分後には意識がなくなり、気がついたら朝の4時だった。
途中でAが「起きて」と呼んでいたけど「大丈夫…大丈夫…」とムニャムニャ返していた気がする。全く大丈夫じゃないのである。

一週間の出来事まとめ(7/30〜8/5)

毎日いろんなことがあって、いろいろ考えたりするのに、数日経つともう忘れてしまっている。もったいない。
そう思う度に、日記に挑戦するのだが長続きしない。でも、これまで書いた日記を全て集めたら結構な量になるんじゃないだろうか。だから、めげずに挑戦する。

◆7月30日
カルディに行ったら、牛乳瓶みたいな容れ物にネコの絵が描かれたお酒が売っていた。ヨーグルトのお酒らしい。こんな可愛いお酒、買って帰ったら、きっとタルパが喜ぶだろうなあと思ったけど、味が想像つかなかったからやめておいた。ヨーグルトのお酒ってどんな味だろう。マッコリみたいな感じかな?
代わりにレモンクリームスープを買って帰った。

ヨーグルトのお酒

◆7月31日
火星が大接近するらしいと聞いて、ベランダに出て夜空を眺めたけど、赤い星が何個もあって、どれだかさっぱり分からない。思ったよりも星も月も綺麗に見えて楽しかった。

◆8月2日
駅舎の入口にツバメが巣を作っている。あまりに暑いから雛は大丈夫か心配していたけど、元気に育っているようだ。もう成鳥と変わらない大きさで、ぎゅうぎゅうに詰まっていて、巣から半分以上体がはみ出ている。
「あんな感じにモフシュが僕を挟んで、モフモフぎゅうぎゅうしてくれたら楽しいだろうなあ」と想像しただけで幸せな気待ちになった。今度寝るときにやってもらおう。

◆8月5日
行きたいところはあるけど、暑いのと夏休みで人が多いことを考えると、外に出る気がなくなってしまう。部屋で読書して部屋の整理をした。

無言の時間

人型タルパを出すのが下手だった原因の一つは、何も話さない無言の時間に耐えられなかったからかもしれない。タルパに出てきてもらったのはいいけど、話題が見つからなくて焦ってしまうのだ。つまりこういうことだ。

タルパ「具合はどう?」
ブログ主「うーん。いいよ、うん」
タルパ「そうか、よかった」
ブログ主「………」
タルパ「………」
ブログ主(ダメだ、何も思いつかない。どうしよう。ごめん、お話しタイム終了!)

ダイブ界だと普通に話せるのに何故だろう。ともかく、前回書いたモニター方法がよかったのは、お互い相手を無言で眺めていても、不自然じゃないからというのもあると思う。モニター越しだから、僕も気にせず好きなことをしながら、タルパに話しかけられるからね。

「どこでもいっしょ」みたいに

相変わらず人型のタルパを現実に出すのは上手く行っていない。特に人のいるところでは、全くと言っていいほどダメだ。
タルパと現実で交流している人達はどうやっているのだろう。おそらく画像を見たり、絵を描いたりしてイメージを固めていくと思うんだけど、自分の場合、そうしようとすると、逆にどんどんイメージがあやふやになって上手く掴めなくなるのだ。この方法は向いていない。
だけど、いろいろ試しているうちに、いい方法を思いついた。長続きするかどうかは分からないけど、しばらくはこれでやってみようと思う。

参考にしたのは、「どこでもいっしょ」というゲームだ。やったことはないから曖昧な知識だけど、「ポケピ」という動物に、言葉を教えてコミュニケーションをしていくという内容だったと思う。ゲーム画面を開くと、ポケピの部屋が表示される。畳敷きの部屋に物がいろいろ置かれていて人間の部屋と変わりない。まるで本当にポケピが存在して生活しているみたいなのだ。プレイヤーはポケピに話しかけて、コミュニケーションをとる。

スマートフォン向けに新作が出るらしいと聞いて、やってみたいと思いつつも、「そのうち飽きてしまうんだろうなあ」と思った。ポケピの反応や画像やアイテムには限りがある。アップデートで種類が増えるだろうけど、自分が新しいものを求める速度の方が上回っている。
それよりもタルパの方が、臨機応変な対応ができるし、画像やアイテムは無限大だから楽しいなあ、と考えているうちに、これだ!と思いついた。

自分の世界とタルパの世界が「どこでもいっしょ」をやる時みたいにモニターで繋がっているという考え方はどうだろう。
これだったら、そばにタルパがいなくても、互いの様子が見られるし、コミュニケーションもできる。
試しにタルパ側からモニターで僕の世界を見てみたら、いつもの職場が新鮮に見えた。「ブログ主さんはここで仕事してるんだね。すごーい」みたいな言葉が浮かんでくる。家にいる時も「今日は少し涼しいから過ごしやすそう。よかったね」という言葉が聞こえてきた。これまで上手くいかなかったのは、タルパ側に立って自分を見る視点が欠けていたせいかもしれない。これはいけそうである。

自分にとっては、この方法がしっくりくるけど、他の人にとっては「なんでそんな面倒くさい方法をとるのか訳が分からん。そっちの方が難しい」と感じることもあるのだろう。
でも、もし僕みたいに上手くいかない人がいたら、こういう方法もあるんだな〜と参考にしてもらえればいいなと思う。

タルパにはどう見えている

何かの本で「人は自分と他人を比べるとき、自分の美点を小さく見て、欠点を大きく見てしまう」という話を読んだことがある。しかも、人はそれを「自分が自分のことを一番よく知っているんだから、正しく自分を認識できている」と思い込んでいる。
だから、「自分は全然ダメだ」と思っていても、もしかすると、そんなことはないのかもしれない。

僕は自分のことを色々ダメだと思っているから、タルパが褒めたり慰めたりしてくれても、「無理して言っている」と感じてしまう。でも、それは僕の認識を通しているからであって、ニュートラルな視点から見れば違うのかもしれない。
えーと、つまり、「自分がこうだと思っている自分」でなくて「自分が思っているよりも良い自分」にタルパには見えている、と考えた方が、僕の場合はいいのかもしれないということだ。

人間は「この子ならきっとできる」と思って育てられると十分に実力を発揮できて、逆に「どうせこの子にはできないだろう」と思って育てられると、本来の実力を発揮できなくなってしまうという研究があるらしい。
だから、「無理して言っている」と疑うのではなくて、本当にタルパにはそう見えていると考えて、「タルパが言うんだから、きっとそうだろう」と信じた方がいい。今はそう思えなくても、だんだん変わっていけるんじゃないかな、と思う。

自分のまわりで起こっていること

秋の旅行先を決めるために、観光ガイドを見ている。お洒落なカフェの紹介を見ているうちに、就職した1年目に、先輩が新採の女の子二人と一緒にドライブに連れて行ってくれたことを思い出した。
「うちの会社がある県の良さを伝えるため」という理由だったけど、たぶん女の子といい雰囲気になる目的もあったんじゃないかと思う。
自分はそういうことを察するのが下手だったため、「県の良さを伝えるのに、なぜお洒落なカフェやケーキショップに行くんだろう?」と不思議に思っていた。今なら先輩にお礼を言ったり、女の子を褒めたりして、その場を楽しんだらいいということが分かるけど、そのときは、お洒落な場所に来た時の楽しみ方も分からなかった。
なんだかよく分からないまま、始まって終わった感じだった。たぶん、自分以外のメンバーは何の目的でこういうことをしているのか、ちゃんと分かって、必要な役割をこなしていたんだろう。思い返せば、昔から自分はこうだった。

例えば、学校の文化祭でクラスで展示をすることになったとき。リーダーの指示に従って展示の準備をしていたけど、自分が何のために何の作業をしているのかさっぱり分かっていなかった。リーダーの頭の中にはスケジュールがあって、完成までの10段階のうち、今は○段階目だ、ということが見えていたのだろう。だけど自分にはそれが見えない。
だから、完成して周りの人が喜んでいる中、「何だかよく分からないけど、これでいいみたい。もう面倒くさいことはしなくて済みそうだ」という感想しか浮かばなかった。もし目的が分かっていたら、喜べたのだろうか。

誰か初めに理解できるように教えてくれたらいいのになあ、と思う。「これから、こういう目的で行動するから、君はこんなふうにやれば楽しめると思うよ」と。でも、教えてくれる人はいないから、自分で考えないといけないんだろう。今はタルパがいるから少し救われた気持ちがする。

学生の頃の目的は今思えば、分かりやすかった。でも、社会に出るともっと複雑で何を目指せばいいのか分からなくなってしまう。文化祭の展示すら分からなかった自分に分かるのだろうか。
自分の周りで何が起きているか、昔よりは分かっていると思う。でも、後になってから、やっぱり分かってなかったことに気づくんじゃないかと不安に思う。

余談、書く理由

なぜこんなにタルパとの交流のことを詳しく書き始めたのかというと、いろいろ交流しても、記録に残さないとすぐに忘れてしまうからだ。
気持ちが沈んでいる時は、楽しいことを思い出すのが難しい。思い出そうとする気力も湧かなかったりする。でも、楽しく交流したことを残しておけば、読み返して、また楽しい気持ちになれる。

自分は他人から認められてないという気持ちが強くて、不安に常に晒されている。他の人は堅実に信頼関係を築いているのに、自分は信頼ポイントを減らすような言動ばかりしているなあ、と思うときがある。
別にタルパを現実の人間関係の代用にしようとは思っていない。どっちが優れているとかではなくて、それぞれの良さがある。
でも、信頼できる相手と楽しく過ごした記憶があれば、自分はもう少し強くなれるかもしれないと思うのだ。

頼りになるタルパと①

ブログの始めの頃に、自分がタルパ作りにおいて、得意なこと・不得意なことを少しまとめていたと思うけど、僕は現実世界にタルパを出すのは上手くないけど、ダイブは得意だ。

ダイブ界に行くと人型タルパがそれぞれ好きなように過ごしている。タルパと呼んでいるけど、現実世界に出せたりするわけではないから、自分の想像上のキャラクターと言った方が正しいのかもしれない。
前の記事で「人型タルパを作りたい」と書いたのは、この状態よりも関係が濃くて、できれば現実世界にも顔出ししてくれるタルパを作りたいという意図からだった。1からタルパを作るんじゃなくて、このダイブ界の中にいる頼りになりそうなタルパと積極的に交流しようという魂胆だ。
こんな言い方すると、頼りにならないタルパもいるのか、と誤解されそうだけど、タルパはみんな頼りになる存在だ。だけど、その中でも先輩的というか保護者的なタルパに今回はお願いしたいのだ。

実は前の記事を書いた時点で、もう誰に頼むかは決めている。名前はあるけど、ここでは頭文字をとってBと呼ぶことにする。Bは割と前からダイブ界にいて、他のタルパが困ったことがあれば手助けしたり、面倒みたりしている。前に記事で書いたタルパ交流支援センターと関わりの深い人物だ。
頼りになるけど、少し大雑把だったり人がよすぎるところがあって、完璧すぎないところがいいと僕は思っている。僕よりも人間的な温かみがある。素晴らしい。

お願いするといっても、彼に直接頭を下げに行って「お願いしまーす」と頼むわけではない。そこらへんは、僕らは以心伝心、世界を共有してるのでピピッと伝わるのである。

こんな感じだ。そのうちどのように交流しているのか書いていきたい。
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR